パーマカルチャー

こんにちは。マウイ島で Zen Island Kitchen と Zen Island Farm を営む綾子です。

皆さん、パーマカルチャーってご存知ですか?

”パーマカルチャーとは、パーマネント(永続性)と農業(アグリカルチャー)、そして文化(カルチャー)を組み合わせた言葉で、永続可能な農業をもとに永続可能な文化、即ち、人と自然が共に豊かになるような関係を築いていくためのデザイン手法” だと定義されています。

自然と共生し、自己と他者、地球への配慮を配りながら、得られたものは分かち合う。それが基本のコンセプトですが、Zen Island Farm ではもう一つ、”すべての命への配慮”も加えて、ここを cruelty free – ヴィーガンファームとして築いていくつもりです。

これがファームデザイン。パーマカルチャーのスペシャリストにデザインをお願いしました。

野菜類は頻繁に使うのでキッチンの近くに、果樹園は少し離れたエリアに。

瞑想エリアは水の要素を取り入れよう、レイガーデンでは香り高い花々を植えて、花を摘んでレイを作れるように、、などなど、楽しい構想もいっぱい詰まっています。

これまで、終の住処という観念で一所に住んだことはなかったので、”永続可能な” ファームを築いていくというのはまるで、そこに新しい命を吹き込んで成長をお互いに見守って、慈しんで共に生きていくんだ、というような新たな愛おしさを感じています。Aloha !

出会い

こんにちは。マウイ島でZen Island KitchenとZen Island Farmを営む綾子です。

2015年秋、サンフランシスコから一人でマウイに引っ越し、誰も知り合いがいないこの島でファームでのボランテイアなどをしながら手探り状態で暮らし始めました。昨年夏にはヴィーガン食品会社、Zen Island Kitchenを設立し、ファーマーズマーケットで試作品を販売、試行錯誤の日々が始まりました。初めての起業。全てが新しい学びの毎日を迎えながら、忙しい中で、でもなんとなくしなくちゃいけないことがあるような、というより引き寄せられるような感じで、今年に入って物件探しを始めました。

ファーム & リトリートセンターを始めたい、とはマウイに移住する前から”夢”としていつかできればいい、と漠然と思ってはいたのですが、それを現実として捉えてそこに向かっていく計画を立てていたわけではありませんでした。

なんとな〜くブラッと、というような気持ちで相談した不動産屋さんに連れて行ってもらった物件、その最初でここに出会ってしまったんです。

丘の下に一面に広がる碧い海と果てしない空。なだらかな丘に沿って育っている数種の柑橘類の木とバナナ、ココナッツ以外は更な緑の農地。気持ち良い風の流れ。優しい空気。

ここだ、ここに呼んでもらっている、という感覚。出会ってしまったんですね、この地に。

 

 

マウイ島から、はじめまして。

こんにちは。マウイ島で、Zen Island Kitchen と Zen Island Farm を営んでいます、綾子です。

マウイ島に移り住んで2年になります。その前はカリフォルニアに10年、

台湾に4年、そして北京に3年住んでいました。

ハワイは昔から夢の地だったのですが、まさか本当にこの楽園に住むことになるとは、つい数年前までは信じていませんでした。ある日ふと、”何を待っているんだろう、好きなところに住むのに何を躊躇することがあるんだろう?!”と思いたったと同時に全てが回り始め、気づいたら3ヶ月後にはマウイの空港に1人で降り立っていました。

あれから2年たち、マウイのハイクという小さなこの街でファームを立ち上げたところです。ファームと統合した、”地球とすべての命、そして自分を愛する暮らし” のためのリトリートセンターを始めるプロジェクト、今始まったばかりです。

このプロジェクトのスタート地点にいる今、これからのZen Island Farm の成長を皆さんとシェアしたくて、ブログを始めました。どうぞよろしくお願いします。